人生をもう一度できるなら、別の道を選びますか?

人生をやり直せるならば
何歳に戻りたいと思いますか?

かなり前の曲ですが、井上陽水の
「人生が二度あれば」という曲をご存知ですか?。

歌詞はこんな内容です。

父は今年二月で65。
顔のシワは増えてゆくばかり
仕事に追われ、この頃やっとゆとりが出来た。

父の湯飲み茶碗は欠けている。
それにお茶を入れて飲んでいる。
湯飲みに写る。自分の顔をじっと見ている。

人生が二度あれば、人生が二度あれば。

 

高校生の頃に聞いたのですが、
その時は、歌詞の内容を読んで
子供側からの視点で

何もない人生のまま
老け込みたくはないな、
人生は二度とない
だから人生をやりたいように生きよう

とこの曲を聞いて思いました。

 

それから数十年が過ぎまして

今は、この歌詞を読むと
父側の視点で読んでいる自分がいました。

 

色々あったのかもしれないけど
人生も残り少なくなり
満足して悟ったような生活をしてる。

しかし
もし人生が二度あれば、
どんな人生をもう一度歩むだろうか

やはり同じような人生を選ぶだろうか

それとも
ターニングポイントとなる岐路まで戻り
別の道を選んで進むのだろうか

 

という風に
曲を聞きながら思ったのです。

 

こんにちは。

今の人生に不満があるわけでは
ありませんが、
子供の頃なりたかった夢が
いくつもあった
夢見がちな少年だった
音声療法士のたなやです。

 

そんな私は、
神楽坂みらくるや
パークの企画の手伝いをしながら
中島由美子さんに教えてもらった
音声療法で
心と体調を整える仕事をしています。

 

人間は、波動(周波数)のかたまりです。
それぞれの部位にも周波数があります。

もちろん声にも波動があります。

そして声は、天から授かった
本当の自分になっていくための
「宝の地図」です。

声を整える事で
声を分析診断することで

あなたが本当に進みたい
宝の地図を照らしてくれます。

********************
2020年10月28日(水曜)
フルサウンドヴォイス音声診断個人鑑定
各お一人60分 9名限定

講師:中島由美子
鑑定料 30,000円
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000003205/
********************

声は波動と書きました。
良い波動は、自分の心を落ち着かせます。

良い波動は、他の人の心も落ち着かせます。

落ち着いた心は、
物事を冷静に見ることが出来ます。

冷静に見て、判断をするということは
感情に流されないということです。

争いは感情のもつれから起こります。
判断を誤るときも、
感情の起伏が激しいときに起こります。

良い声=良い波動=フルサウンドヴォイス

フルサウンドヴォイスは
全てを包み込む、安定した
究極の声です。

 

中島由美子さんは
20000人以上の声を分析してきました。

彼女が開発した
「声分析ソフト」をつかった個人鑑定で
あなたの魂の声を知らせてくれます。

 

人は時々頭で考えた声を
魂の声、心の声と勘違いする時があります。

 

魂からの声か、
そうじゃない声か
中島由美子さんがあなたの声を診断してくれます。

人間は心と体と魂の三位一体です。

人生に満足して生きていくためには
整った声が望ましいです。

音声診断で
声があらわしている全ての状態を
分析できます。

中島由美子さんの
音声診断個人鑑定は、
かなりオススメです。

食べログの点数にたとえるなら
4.5レベルのオススメ度です。
(たとえが判りづらかったらゴメンナサイ)

フルサウンドヴォイスとは
万能の声ともいいます。

どうすれば
フルサウンドヴォイスになれるのか

どうすれば、万能の声になれるのか。

中島さんが、伝えます。

その声を手に入れれば、
すべての人があなたの言葉を、
あなたの話を、あなたの歌を聞くでしょう。

********************
2020年10月28日(水曜)
フルサウンドヴォイス音声診断個人鑑定
各お一人60分 9名限定(残りわずか)

講師:中島由美子
鑑定料 30,000円
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/000000003205/
********************

10月12日・13日には、
インターネットラジオ
ヒカルランド
イッテルラジオ
https://voicy.jp/channel/1184/101814

こちらで
フルサウンドヴォイスについて
話しをしています。
よろしければ聴いて下さい。

 

 

この文章

ヒカルランドのメルマガで配信したのですが

まるでダメでした。

今年配信したメルマガの中で

一番手応えのないメルマガでした。

 

原因はわかっているのですが

その法則に則って書かないといけないのだと

改めて判ったので

自分にとっては勉強になりました